トップページ

公共サービスの復権・再生をめざします

2009年12月19日、千葉県地方自治研究センターは一般社団法人として装いを新たに再スタートしました。私たちは、千葉県における地方自治・都市問題の調査研究と地域に根ざした自治体政策づくりを促進し、地方自治の振興に寄与することを目的として、活動を進めています。

新着情報


new  「新型コロナ感染症と地方自治」をテーマに講演会を開催(2020/10/31)

10月31日開催の講演会の模様

 10月31日、「新型コロナ感染症と地方自治」と題した講演会をオークラ千葉ホテルにおいて開催しました。

講師にお招きしたのは、ジャーナリスト(元読売新聞東京本社編集委員)の青山彰久氏。青山氏は編集委員として地方自治・分権改革・地域政策等を担当され、日本自治学会理事なども歴任し、記者の目線と同時に、研究者としての観点から現状への指摘を示していただきました。なお、今回は今年度初の講演会でしたが、感染拡大に配慮し、三密を回避した講演会となりました。 …[内容全文]


自治研ちばnew 最新号vol.33(2020年10月)

・千葉県における地域包括ケアの現状と課題
…淑徳大学コミュニティ政策学部学部長
 教授 鏡   諭
・シリーズ「日本のまちなみを創る」 全国の「まちなみ」を訪れた経験から
…都市プランナー 前衆議院議員 若井 康彦
・市議会報告 成田市における新型コロナウイルス対策の課題
…成田市議会議員 油田  清
・企画記事 新型コロナウイルス感染症拡大とひとり親家庭への影響と課題
…千葉市議会議員(美浜区選出) 田畑 直子
・企画記事 新型コロナ感染症に対する千葉県内市町村の対応と問題点
…研究員 井原 慶一