トップページ> 出版物> 報告書> 地域政策策定に資する千葉県市町村の基本データ集


地域政策策定に資する千葉県市町村の基本データ集

このデータ集の作成は、2020年7月に亡くなられた当センター理事長の宮﨑伸光先生の発案で2017年10月に立ち上げられた「ちば地域政策研究会」がきっかけでした。

最初の研究会において、宮﨑先生から千葉県市町村の地域政策の現状と課題について問題提起が行われました。その際、地域政策策定に資する千葉県市町村の基本データが説明資料として示されました。その後、この基本データを恒常的に収集整理していくことが必要との共通理解が深まり、2018年9月からデータ集の作成に着手しました。

データ集は、宮﨑先生が示された説明資料をベースに、掲載する項目を市町村長選挙結果、選挙公約、人口、主要財政指標としました。また、限られた人員と時間で恒常的にデータを収集更新できるようにするために、データ集の作成・処理については極力自動化し、更新作業を軽減できるように工夫を加えました。多くの皆様に地域政策を考える上でのツールとしてご活用いただければ幸いです。

new 2020年度版千葉県市町村の基本データ集を発刊

2021年3月8日(月)
Excelロゴ(2020年度市町村基本データ集) (1.85MB)

2020年度版基本データ集は、千葉県内54市町村の1999年度~2018年度の主要財政データ(財政力指数、経常収支比率、財政調整基金)及び住民基本台帳人口、2020年までに実施された市町村長選挙うち直近の選挙結果及び候補者の政策公約をまとめたものです。