トップページ> 活動報告> 調査・研究> 持続可能な地域政策研究会


持続可能な地域政策研究会

連合千葉議員団会議が結成30周年を迎えるにあたり、連合千葉議員団会議と千葉県地方自治研究センターは、共同で千葉県における持続可能な地域政策の策定に向けた調査研究活動を進めることとしました。

すでに、2020年11月に第1回学習講演会を開催し、活動をスタートさせました。活動期間を2022年11月までの2年間とし、具体的な活動として①連合千葉7地域協議会とのヒアリング調査・意見交換会の開催、②先進自治体フィールドワークの実施、③学習講演会の開催を通じて、中長期を見据えた政策提言の豊富化と重点項目の絞り込みを行うこととしています。

第1回企画調整会議を開催しました

2021年4月13日(火)

2021年4月13日に第1回企画調整会議を開催しました。企画調整会議は、持続可能な地域政策研究会の具体的な活動の進め方を議論するために、連合千葉議員団会議と千葉県地方自治研究センターのメンバーで構成しています。

座長に選出された連合千葉議員団会議の天野会長が「持続可能ですべての県民が幸せを感じ、豊かに生活できる千葉県づくりに向けて、調査研究事業を進めたい」と挨拶し、開会しました。会議は、連合千葉の春季生活闘争の組合員アンケート並びに同様の趣旨の内容のアンケートを連合千葉議員団に行った結果についての報告の後、本研究会の事業概要・全体計画が提案され、異議なく了承されました。

本年7月に予定する第2回学習講演会については、講師として熊谷俊人千葉県知事と千葉商科大学准教授の田中信一郎氏にお願いすることとし、講演テーマ・日程等を今後詰めることとしました。また、連合千葉7地域協議会とのヒアリング調査・意見交換会並びにフィールドワークの実施について、継続して協議することとしました。

↑このページの先頭へ↑