トップページ

公共サービスの復権・再生をめざします

2009年12月19日、千葉県地方自治研究センターは一般社団法人として装いを新たに再スタートしました。私たちは、千葉県における地方自治・都市問題の調査研究と地域に根ざした自治体政策づくりを促進し、地方自治の振興に寄与することを目的として、活動を進めています。

新着情報

new 「地域に希望を―人口減少時代の地方財政を問いなおす」講演会の開催(2018/06/23)

6月23日の講演会の模様

6月23日、当センターの総会終了後、少子高齢化と人口減少が進む時代の地方財政に焦点をあて「地域に希望を-人口減少時代の地方財政を問いなおす」を演題に、記念講演会を15時から開催しました。講師には、自治労が設置した「人口減少時代の自治体財政構想プロジェクト」の中心メンバーの一人で新進気鋭の研究者である埼玉大学大学院人文社会科学研究科の高端正幸准教授にお願いしました。

講演では、行き詰まり感が漂う社会にあって、誰もが人間らしく生きられる社会をいかに目指しうるのか、日本社会の現状と課題、変革の方向性とその処方箋を話していただきました。 …[内容全文]


自治研ちばnew 最新号vol.25(2018年2月)

・<市長インタビュー 船橋市>
…船橋市長 松戸  徹
聞き手
…副理事長 高橋 秀雄
…副理事長 椎名  衛
…事務局長 佐藤 晴邦

・連載⑱:数字で掴む自治体の姿
…理事長 法政大学法学部教授 宮﨑 伸光
・シリーズ「千葉から日本社会を考える」
 現代史のなかで千葉地域の基本課題をとらえる
…島根県立大学名誉教授 井上 定彦
・企画記事
 2017年(平成29年)10月22日執行 第48回衆議院選挙について
…研究員 井原 慶一
・市議会報告
 犬や猫にもやさしいまちづくりを ~犬・猫殺処分ゼロへの挑戦~
…千葉市議会議員 亀井 琢磨
・活動報告
 地震防災フィールドワーク 「九十九里地域の津波防災を考える」
…理事 赤荻  渉
・公共の担い手
  千葉市の戦跡を巡る
…特定非営利活動法人「郷土ちばに学び親しむ会」 理事 西野 則一