トップページ

公共サービスの復権・再生をめざします

2009年12月19日、千葉県地方自治研究センターは一般社団法人として装いを新たに再スタートしました。私たちは、千葉県における地方自治・都市問題の調査研究と地域に根ざした自治体政策づくりを促進し、地方自治の振興に寄与することを目的として、活動を進めています。

新着情報

new 「グローバル化する労働問題と働き方改革」講演会の開催(2017/06/24)

6月24日の講演会の模様

6月24日、早稲田大学社会科学総合学術院の篠田徹教授をお招きし、「グローバル化する労働問題と働き方改革」と題した講演会を開催しました。

篠田先生は、労働問題を専門とする数少ない研究者のお一人で、様々な国の労働問題にも精通されています。講演会では、イギリスのEU離脱やトランプ現象の背景等にもふれていただき、わかりやすいお話をしていただきました。講演要旨は以下のとおりです。 …[内容全文]


自治研ちばnew 最新号vol.23(2017年6月)

・<自治研センター講演会> 中東・世界の動きと日本
…参議院議員・中東調査会客員研究員 大野 元裕

・特集 憲法施行70年
 国会における憲法論議から振り返る
…法政大学非常勤講師(元千葉県総務部政策法務担当参事) 神﨑 一郎
・特集 憲法施行70年
 憲法を取り巻く情勢と私たちの課題
…弁護士 植竹 和弘
・特集 憲法施行70年
シリーズ「千葉から日本社会を考える」
ついに憲法改正問題は正念場の局面へ ──本腰で取り組みを
…島根県立大学名誉教授 井上 定彦
・連載⑰:数字で掴む自治体の姿
…理事長 法政大学法学部教授 宮﨑 伸光
・寄稿 再生可能エネルギーと地方自治体の役割
…民進党千葉県第13区総支部長 宮川  伸