トップページ> 出版物> 自治研ちば> バックナンバー

出版物

自治研ちば(バックナンバー)

「自治研ちば」は、自治研センターが年3回(2月、6月、10月)発行している機関誌です。

2017年

自治研ちばvol.22
  • 第22号(2017年2月)
  • 第10回千葉県地方自治研究集会~21世紀千葉地震に備える
  • 地域の声を女性の視点を県政へ

↑このページの先頭へ↑

2016年

自治研ちばvol.21
  • 第21号(2016年10月)
  • <講演会>「地方創生」の正体-~『ニッポン一億総滑落プラン』と「新三本の矢」を読む
自治研ちばvol.20
  • 第20号(2016年6月)
  • <講演会>『世界と日本のいま ~私たちの生活どうなる』
  • 総務省の電波停止発言の問題点と報道の自由について
自治研ちばvol.19
  • 第19号(2016年2月)
  • 市長インタビュー 勝浦市
  • 千葉にオリンピックがやってくる!

↑このページの先頭へ↑

2015年

自治研ちばvol.18
  • 第18号(2015年10月)
  • 「地方創生と地方自治」 ~地に足をつけて考える~
  • 夕張市調査団報告―地域の再生に挑む「夕張」のいま
自治研ちばvol.17
  • 第17号(2015年6月)
  • 地域でいきいきと暮らし続けるために ~在宅医療を考える~
  • 岐路に立つ日本─極右政治家安倍晋三と日本の未来─
自治研ちばvol.16
  • 第16号(2015年2月)
  • 暴走する権力と民主主義
  • 「NPO法人 成年後見サポートアイ」設立

↑このページの先頭へ↑

2014年

自治研ちばvol.15
  • 第15号(2014年10月)
  • 震災復興から地域再建へ ~原発避難と『移動する村』~
  • 市長インタビュー 銚子市
自治研ちばvol.14
  • 第14号(2014年6月)
  • 高齢者を取り巻く地域力の可能性と限界─孤独死防止対策から見えること─
自治研ちばvol.13
  • 第13号(2014年2月)PDFアイコン
  • 公共サービス改革の国際比較とその担い手 英米の経験からの検証
  • 市長インタビュー 鴨川市

↑このページの先頭へ↑

2013年

自治研ちばvol.12
  • 第12号(2013年10月)PDFアイコン
  • 安倍政権と地方行財政改革の行方
  • 連載①:自治体政策形成のキーワード
自治研ちばvol.11
  • 第11号(2013年6月)PDFアイコン
  • 非正規公務員という問題 ─問われる公共サービスのあり方─
  • 東京電力福島第一原子力発電所事故と農産物被害
自治研ちばvol.10
  • 第10号(2013年2月)PDFアイコン
  • 「夕張の今と未来」新たな可能性を創造するまちへ
  • 東日本大震災後の東京電力の取り組み

↑このページの先頭へ↑

2012年

自治研ちばvol.9
  • 第9号(2012年10月)PDFアイコン
  • 大阪都構想の現状 橋下市政の6ヶ月
  • 低線量放射線リスクはなぜ過小評価されるのか
自治研ちばvol.8
  • 第8号(2012年6月)PDFアイコン
  • 自然の法則・摂理を無視していた巨大広域開発への警鐘
    ~巨大地震が物語った液状化・流動化・地波現象と津波~
自治研ちばvol.7
  • 第7号(2012年2月)PDFアイコン
  • 「入札改革」社会的価値の追究と公契約
  • 地方自治と原発行財政-原発交付金と狭義の原発マネーを中心として-

↑このページの先頭へ↑

2011年

自治研ちばvol.6
自治研ちばvol.5
  • 第5号(2011年6月)PDFアイコン
  • 今、地方議会に問われているもの
  • 東日本大震災で見えてきた課題と今後の対応
自治研ちばvol.4
  • 第4号(2011年2月)PDFアイコン
  • 「新しい公共」自治体でどう取り組むか
  • 連載④:数字で掴む自治体の姿

↑このページの先頭へ↑

2010年

自治研ちばvol.3
  • 第3号(2010年10月)PDFアイコン
  • 2010年度の地方財政計画と千葉県の財政状況
  • 銚子市立病院 1年8ヶ月ぶりに再開
自治研ちばvol.2
  • 第2号(2010年6月)PDFアイコン
  • 検証!民主党政権による社会保障政策のゆくえ
  • 連載:「房総の自治鉱脈」第2回
自治研ちばvol.1
  • 創刊号(2010年3月)PDFアイコン
  • 政権交代と公共サービスの再考
  • 松戸市消防局のパワハラ訴訟の顛末と問題点

↑このページの先頭へ↑